本日の出来事(2009年9月14日)

屋久島に生れ、住んでいる以上、屋久島のことをもっと知りたい、屋久島を知るということは、まず屋久島の暮しを知ることだ、ということで今回はトビウオ漁を体験させて頂いくことに。
9月14日、知り合いの方が乗っているトビウオ漁船に体験学習ということで乗せていただいた。
早朝5時半に安房港を出港。
目指すは種子島のロケット基地の沖合。

台風が過ぎた後でそこまでシケてはいないが、結構ゆれる。
トビウオ漁は2隻の船で網を囲っていき、野球場以上の範囲から、最終的に土俵程度の大きさに絞り込む。
最近高速船をずっと運休させていた犯人、流木が沢山流れている。
この日は不調で、1度の網入れで流木が3本、トビウオは1匹ということも。

あまり写真を撮っている余裕がなかったので、写真は以上。
今回、水揚げができる量に達しなかったので、乗組員の方の日当はトビウオ15匹程。
毎年獲れなくなってきているようで、今年は最悪らしい。
僕は体験ということで乗せて頂き、トビウオをもらえたが、漁師を生業とする人にとってはかなりシビアな現状だ。
大漁を期待していた訳ではなく、現状が知りたかったので、とても勉強になった。





ダイアリトップに戻る